12月21日(土)第48回 コガモ句会

12月21日(土)の夜、俳人 土肥あき子さんをお迎えして第48回コガモ句会が開催されました。

今回の兼題は【クリスマス】、降誕祭・聖夜劇・クリスマスツリー・クリスマスケーキなど。実際クリスマスに近いこともあり、宗教行事や家庭の行事、町の景観など様々なクリスマスの光景が詠まれました。

高点句は、

馬小屋の模型ひっそり降誕祭  Iさん

星吊るすたびに聖樹の匂ひたる  Aさん

そして、この日の席題は【鯛焼き】。

明治時代末期に考案された冬の風物詩の鯛焼き。一年中売っていますが、寒い中で食べると格別に美味しい。(土肥あき子さんより)

身近な食べ物ということもあり、どの句も共感できるものばかりで全員の句に点が入りました。

高点句は、

鯛焼きの焼けるを待つも真剣に  Yさん

鯛焼のチーズクリーム他三種  Sさん

この日のお菓子は、

柚餅(ういろう)と芝の雪(きんとん)

次回は2020年2月15日(土)18時半から20時まで。

兼題は【バレンタインの日】バレンタインデーです。

土肥あき子さん、参加くださった皆さん、ありがとうございました。

四季折々の風景を切り取り、17文字の言葉で彩る俳句の世界。皆さんもご一緒に楽しみませんか🦆

 

1件のコメント

    • 山本さま

      2/15のコガモ句会へのお申し込みをありがとうございます。
      受け付けました。
      楽しみにお待ちしています。

      ティール・グリーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です