2月11日(土・祝)コガモのアトリエvol.8「花澤実子の羊毛フェルト教室*ラビットシューズ」

2月11日(土・祝)、コガモのアトリエvol.8「花澤実子の羊毛フェルト教室*ラビットシューズ」が行われました。

usagi2

講師は、「みんなのアトリエFELT」の花澤実子さん。今回は羊毛から蒸れずに温か、裸足で履いても気持ちのよいうさぎのルームシューズを作りました。

rabitto2

段ボール紙の型紙を羊毛で覆い、石けん水でなじませ、収縮させます。

usagi02

皆さん、時間をかけて丁寧にフェルト化していきます。羊毛フェルトの楽しいひとときです。

usagi3

ローリングをして、さらにフェルト化させます。

usagi4

そして、はさみで半分に切ります。
usagi6

切り口から中の段ボール紙を抜き取り、ひっくり返すと・・・

usagi8

ラビットシューズが現れました。次に自分の足に合うように立体化し、形を整えていきます。

rabitto5

うさぎの耳をつけ、顔を刺しゅうして、可愛いラビットシューズの出来上がり!

usagi9

ピンクうさぎ、ブラウンうさぎ、大きいうさぎ、小さいうさぎ、それぞれ表情があって、かわいいうさぎばかりです。

usagi10

作業の後は、参加者のNさんがその朝に作ってきてくださった「いちご大福」を、皆さんといっしょにいただきました。甘酸っぱいいちごの果汁が口一杯に広がりました。

usagi11

花澤実子さんの行き届いた準備のおかげで、初めて羊毛フェルトに挑戦した方も、この大作を仕上げることができました。羊毛フェルトは根気のいる作業ですが、皆さんとても楽しそうでした。

花澤実子さん、参加してくださった皆さん、ありがとうございました。春は近い、とはいえまだまだ寒い日が続きます。可愛いラビットシューズを履いて足元を温めてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です