8月5日(日)コガモのアトリエvol.14「光と色で作る額絵*ワークショップ」

8月5日(日)、イラストレーターで絵本作家の平澤朋子さんをお迎えしてコガモのアトリエvol.14「光と色で作る額絵*ワークショップ」が行われました。

水彩の説明をする平澤朋子さん

年長さんから小学5年生までの子どもたちが水彩を使って額縁に色をつけました。

酷暑のおかげで、あっという間に水彩が乾きます。綺麗な額がいっぱい!

額縁を乾かす間に切り絵をします。

トランスペーパーの上に切り絵を貼ります。

もう一枚の枠をのりで貼って

組み立てた額の内側に貼り絵を止めます。

窓辺にかざすと模様が鮮やかに・・・

陽が陰ると額の美しさが引き立ちます。

光の加減で様々な表情を見せる「光と色で作る額絵」、窓辺に飾ると素敵です⭐️

額の中の絵は、取り替えることもできます。自分で描いた絵でも楽しいですね。皆さん、真剣に取り組み、素敵な作品に仕上がりました。

平澤朋子さん、ありがとうございました。参加してくれた皆さんも、よく頑張りました💮

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です