3月17日(土)第37回 コガモ句会 終了しました!

3月17日(土) 第37回コガモ句会

〜俳人 土肥あき子さんを囲んで句会をしよう!〜

●時 間  午後6:30〜8:00
●参加費  1000円(お茶・和菓子付き)
●定 員  15名(要予約)

●3月の兼題は、「春一番」です。

土肥あき子さんから

 三月に入ればようやく名実共に春が実感できる日々が訪れます。木々の先には若葉が輝き、空には紡ぎたての雲がやわらかに浮かびます。三月の兼題は「春一番」。冬から春へと変わる南寄りの強い風を「春一番」というのに対し、秋から冬へと変わる北寄りの強い風は「木枯らし一号」と呼ばれます。語感の印象でいえば、一番より一号のほうが無機質で無表情に思えますが、それは春に向かって心弾む喜びと、厳しい冬への気構えの差かもしれません。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です